CLIENT WORK

冷凍餃子フライパンチャレンジ|味の素冷凍食品 冷凍餃子フライパンチャレンジ|味の素冷凍食品

味の素冷凍食品株式会社

WEBSITE

SNSでの呼びかけをきっかけに「ギョーザ」が張り付いたフライパンを分析し、お客様の調理の実態把握をすることで、味の素冷凍食品が掲げる“永久改良”の一環として「ギョーザ」の改良に取り組むプロジェクト

2023年5月、「ギョーザ」がフライパンに張り付いてしまったという1つのSNS投稿に対し、味の素冷凍食品が「フライパンを提供いただき、研究・開発に活用したい」と公式アカウントで返答したところ、ポジティブに話題化。SNSでの呼びかけから「ギョーザ」をうまく焼けないお客様が多数いると判明し、この取り組みをお客様と共創するため、本田事務所と共にプロジェクトを発足した。同様の問題が起こるフライパン3520個を回収し、マイクロスコープでの表面分析・3Dスキャンによるデータ収集・調理による解析を実施。お客様の協力に感謝を伝えるべく、10月に新聞広告掲載、Webサイト公開を行った。さらに2024年1月に研究成果として「ギョーザ」のリニューアルを発表、2月より店頭発売を開始した。ピラミッドフィルム クアドラは集まったフライパンを活用し、どのようにお客様に還元できるのかを考え、3Dスキャンをはじめとしたデータ化、それを楽しみながら味の素冷凍食品の想いを伝えるサイトの企画・制作を担当した。

STAFF

RESULT

  • PRアワードグランプリ2023  ブロンズ
  • 第2回焼き餃子協会アワード  大賞
  • Spikes Asia 2024  Brand Experience & Activation部門 360 integrated Brand Experience ゴールド
  • Spikes Asia 2024  Social & Influencer部門 Real-Time Response ゴールド
  • Spikes Asia 2024  PR部門 Brand Voice & Strategic Storytelling ショートリスト
  • Internet Media Awards 2024  選考委員特別賞
  • ADFEST 2024  PR Lotus Brand Voice & Strategic Storytelling グランデ
  • ADFEST 2024  PR Lotus Real-Time Response ゴールド
  • ADFEST 2024  PR Lotus Use of Social ブロンズ

OVERVIEW

徹底的なデータ化

回収したフライパンを3Dデータで羅列したのは、単にリッチな演出にしたかっただけでなく、回収したフライパンのビジュアルのログを残す上で、サイズや厚み、360度から見た形状やテクスチャーなど、なるべく多くの情報をデータ化しておくことが目的。お送りいただいたフライパンは貴重な研究データであるため、分析結果に直結していない情報も含め、まずは徹底的にデータ化しておく。それによってこの先、そのデータを活用し、新たな商品の「改良」につながる資産になることを期待している。(クリエイティブディレクター 阿部達也)

 

ギョーザとサイトは“永久改良”

SNSでの発信をきっかけに、企業の姿勢が多くのユーザーの行動を喚起した話題の案件に参画。日頃から活用するユーザーの多い「冷凍食品」を扱うクライアントだからこそ、大切にしている思いや姿勢を盛り込んだサイト制作ができた。デザインの遊び心や仕様の小ネタなど、様々な提案もポジティブに取り入れていただける姿勢が、まさに本プロジェクトの端緒となった企業姿勢だと感じた。定期的に冷凍ギョーザパーティをしようと決めた一件となった。(チーフプロジェクトマネージャー 清水龍輝)

CONTACT 株式会社ピラミッドフィルムクアドラ
108-0023 東京都港区芝浦2-12-16 6F
03-5476-4745
お気軽にご相談ください mail