CLIENT WORK

SHINKANSEN YEAR 2022 SHINKANSEN YEAR 2022

東日本旅客鉄道株式会社

WEBSITE MOVIE

JR東日本5方面の新幹線を祝うアニバーサリーコンテンツ

2022年でそれぞれ周年を迎えるJR東日本の5方面の新幹線。5年に一度くるこのアニバーサリーイヤーを祝福するサイトを作成した。この5年で導入されたサービスが実現する、チケットレスで改札を通れたり、空いている自由席にすぐ乗れたり、といった“ノリで乗れる”新幹線の乗車体験を表すため、改札を通って新幹線に乗って到着駅の改札を出るまでに生まれる様々な音を使って、ノリのいいリミックスソングとムービーも作成。音楽ユニット・KireekのDJ YASAが手がけたリミックスソングは、SpotifyやApple Musicをはじめとした主要サブスクサービスでも配信した。

STAFF

  • プロデューサー 石川 淳
  • クリエイティブディレクター 阿部 達也
  • プランナー 大桃耕太郎
  • テクニカルディレクター 高橋 綾乃
  • HTMLコーダー 福島 綾花
  • プロジェクトマネージャー 町田 杏樹

OVERVIEW

音楽とWEBサイトとの融合を目指して

サービス情報に接してもらう場所はWebサイトの中であることを割り切り、音楽(動画)では広告感を排除し、純粋に一つの音楽として楽しんで話題にしてもらえるよう、訴求メッセージも車内アナウンス風に聞こえるように収録して、リミックスの為の素材の中に違和感なく紛れ込ませた。音のクオリティやサイトのトンマナもカルチャー色を強め、純粋にローファイヒップホップなどを楽しむ層などにストレートに受け入れてもらえるようにこだわった。また、リミックスという特性に合わせ、使用した音の素材データの一部をサイトでも公開することで、二次創作による広がりの可能性も残した。

 

WEBサイトの「動き」を念頭に置いての実装

情報の見やすさを優先し、アニメーションは派手になりすぎず、且つ気持ちの良い動きを心がけて実装した。細かな箇所のアニメーションでサイトとしての特徴が出るよう、動きの速度やタイミングは他の要素とのバランスを見ながら注意深く調整を行った。また、シンプルながら使い勝手の良いサイトを目標として、UI周りの実装をした。

 

集団を意識したマネジメント

デジタルの制作会社として、昨今のSNS事情や音楽関連の時流を抑えた企画内容と制作したBGMを各音楽プラットフォームにも配信するといった展開、またピラミッドフィルムとの協業案件として、音楽・動画のクオリティを担保するといった、グループとしてのパフォーマンスも強く意識しプロジェクトをマネジメントした。

 

新たな表現方法を交えたプロジェクト調整

今回の企画で制作した楽曲を、複数の音楽ストリーミングサービスで配信することになり、一括で配信・管理を行うための手段から探し、配信の手続きを行うところまで一通り経験することができ、これまでに経験して来なかった新しい領域の知見を得ることができた。また、新幹線の周年イベントやサービスに関する情報の部分と、企画部分を同ページ内に配置する上で、ディレクターやエンジニアがこだわりを持ってる部分をなるべくサイトに反映できるように調整を行った。

CONTACT 株式会社ピラミッドフィルムクアドラ
108-0023 東京都港区芝浦2-12-16 6F
03-5476-4745
お気軽にご相談ください mail